手外科とは一体何なのか

整形外科のお世話になった人は決して少なくは無いと思いますが、一体どんな症状で受診されたのでしょうか。

膝の痛み、腰の痛みなど、様々な症状で整形外科のお世話になりますが、手の症状で受診された人もいらっしゃることでしょう。

注目の手外科情報を楽しくお得に利用しましょう。

大学病院などではそのスペシャリストとして独立したセクションになっている場合もある手外科は手のケガを専門的に診療する診療科です。

手は指の関係からたくさんの関節が存在し、複雑に筋肉が存在し、それを支配する神経は筋間を複雑に縫うように走り、血管も他の構造ではなかなか見られないループ構造をとるなど固有の構造を多数持つ機関です。それでいて日常生活に限らずスポーツでも故障が多い上に、故障に伴う日常生活への影響は大きいという非常に重要な機関です。

Yahoo!ニュース情報は初心者にも分かりやすいです。

手外科では手をついたときに手根骨を折った場合に始まり、よく使う関節において起こる関節症、血行障害など手の外科的疾患を総合的に見てくれる診療科です。

変わったところですと、指の関節を支える靭帯の修復術などもスポーツで故障した場合は行います。市中に開業している整形外科の先生の中には手外科出身の先生もおり、全身を総合的に診ることはもちろんできますが、専門は手であれば大学病院に罹るようなケガに対しても対応してくれる可能性があり、何より専門医としての技術と経験、ノウハウを持っています。

意外と整形外科の中にさらに専門分野が存在していることは知られていませんが、身近な整形外科の先生の専門は何なのか調べてみるのもいいかもしれません。